医療広告ガイドラインチェック

専門チームが、正しい医療広告ガイドラインの
チェック&修正を行います!

2018年に改定された『医療広告ガイドライン』では、これまで対象ではなかった医療機関のHPに関する規制が盛り込まれ、違反した場合の罰則も規定されています。 Kwinでは専門チームがテキストをチェックし、医療法・薬機法・景表法を遵守したwebサイト運用を行います。

このようなお悩みはありませんか?

行政から違反の指摘を受けた

違反している箇所がないか不安

これからHPを作るため原稿を書いている

ガイドラインチェックの特徴

1

実績が裏打ちするガイドラインチェック

医療広告ガイドラインは、この言葉がNG、という分かりやすいものではありません。国から公開されているガイドラインを読んでもよく分からない方も多いのではないでしょうか?Kwinは培った経験からセーフラインを模索し、改善提案いたします。

2

アップデートされていくガイドラインにも対応

ガイドラインは定期的に更新されています。流れに取り残されず、随時アップデートしていかなくてはなりません。

3

改善指南だけでなく、実行までワンストップも

チェックだけでなく、修正まで一括のご依頼も承っております。専門チームが迅速に対応いたします。

ガイドライン違反の例

よくあるご質問

Q

ホームページは規制対象外ではないのですか?

A

2018年の法改正で医療機関のウェブサイト等が対象になりました。HPだけでなく、クリニック名で運用しているInstagramやFacebookなども対象となるのでお気をつけください。

Q

保健所から違反の指摘を受けました。放置するとどうなりますか?

A

指摘後違反箇所が是正されない場合は、6月以下の懲役又は30万円以下の罰金、とされています。 明確にいつまでと決まっていないですが、速やかに修正すれば問題ありません。

Q

もうHPに症例写真などは載せられないのですか?

A

限定解除の要件を満たすことで掲載できます。詳しくはお問い合わせください。

医療広告ガイドラインチェックについてのお問い合わせはこちらから

TOP